カレーアドベントカレンダーを書いていたら、自分の中でカレー熱が再燃したのでさっき作ってみた。これを機に自炊を復活させて酒の量を減らしたいなー。なんか最近、突然わけのわからん時間に目が覚めたり、夢の中でも酒飲んでたり、なんかだめだな、と思うことがよくある。



0. 出場選手

こいつらで試合に臨む。

  • スパイス類その1(左の皿)
    • 唐辛子、黒胡椒、クローブ、ローレル、シナモンスティック、にんにく、生姜、クミンシード
  • スパイス類その2(小瓶の奴)
    • コリアンダー、ターメリック、ガラムマサラ

    • 玉ねぎ、じゃがいも、トリ

    • 水、塩
2015-12-20 16.18.33

1. 試合準備

にんにくと生姜をみじん切りにする。じゃがいもを適当に切る。玉ねぎをみじん切りにする。

2015-12-20 16.39.31

2. トリとじゃがいもを炒める

これ、4のあとにやってもいいんだが、今日はなんとなく先にやってしまった。表面に焼き色がつくくらいまで炒める。

2015-12-20 16.46.16

3. スパイスその1を炒める

ちょっと多めのサラダ油にスパイスその1を投入。パウダーではない固形の香辛料は先に炒めるべきだと物の本に書いてあった気がするのでいつもこうしてる。カレーの匂いの正体はクミンシードなのでこの時点で結構カレー臭がしてくる。たとえ美味くできようが不味くできようが、この工程のときの匂いは「これはうまいに違いない」と感じる。

2015-12-20 16.52.35

4. 玉ねぎ選手投入

玉ねぎ投入。あめ色になるまで炒めるみたいなことがよく言われているが、面倒なのでしなしなになったくらいで切り上げる。

2015-12-20 17.00.50

5. じゃがいもとトリとスパイス2を投入

一度交代させたじゃがいも選手とトリ選手を再びピッチに投入。さらにスパイスその2を投入、さらに塩を適当にぶっこんで攻勢に出る。いい感じになるまで炒める。誰かに食わせるわけじゃないし感覚でいいよ。

2015-12-20 17.07.09

6. 水選手投入

ここでピッチを鍋に変える。んで、鍋での試合運びに定評のある水選手を投入する。ちょっと多いんじゃないか?くらい入れる。煮詰めるから。

2015-12-20 17.10.21

7. 試合終了

適当に煮込んだら試合終了。食いたくなったタイミングで適当に。

2015-12-20 17.21.49

8. 食ってみる

カレーっぽさが少し足りないかな。カレーのように見えるカレー風味の煮込み料理みたいな味。まあ悪くない。

2015-12-20 17.22.51

おわり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.