Sensu Casual Talks #1で喋ってきました。会場の提供および招待していただいたKAIZEN platformglidenoteさんありがとうございました。他の参加者の皆様もありがとうございました。Sensu運用者として、いちエンジニアとしてとても面白い話を聞く事ができて大満足の勉強会でございました。



資料

俺の発表はSensuのUIである、sensu dashboard, sensu admin, uchiwa, sensu-cliおよびHubotから操作するときの雑感について話してきた。


発表の趣旨
「まとめ」に書いたように下記のとおり。
  • SensuのAPI仕様はちょいちょい変わる
  • GUI/CUIなどのSensuを操作するツールはAPI仕様に引きずられるのでその開発状況はツールの選択として重要なファクタ
  • でも自力でhackするのもありっちゃあり
  • Sensu本体やUIツールのバージョンアップ時は要注意
質疑応答タイムに、みんなGUIは何を使っているか聞いてみたらuchiwaが多かった。Sensu公式でもレコメンドもされているので今後はUchiwaが主流になっていくのかな。個人的にはSensu adminが好き。開発止まっちゃってるけど。

他の参加者の方の発表で興味深かった点
@timwataさん
自分のところでもそこそこな台数を運用して入るんじゃないかと思っていたが、クライアント3000台の事例を発表してくれた。桁が違う。graphiteに関する知見がすごい。
@m_doiさん
通知にpagerdutyを利用している。やっぱXaaSを利用できるところは利用した方がいいですね。XaaSを使ってシステムを構築するのが昨今のトレンドだと思う。KAIZENさんはそれをかなり有効活用していると感じた。
写真
KAIZEN Tシャツいただきました!さっそく着て出社!KAIZENポーズで撮らせていただきました!とりあえずウチの社員への宣伝効果はあるだろう…w 寿司代くらいの宣伝効果は出た…かな?
sensu_casual1
懇親会でいただいた寿司!そして麦茶!
sensu_casual02
KAIZENさんのofficeから見えるTokyoのa million-doller view!
sensu_casual03
おわり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.