同じスペックのハードウェアで動いているMySQLサーバが2台あるんだけど、なんか性能が明らかに違うって事案があって。調べてみたらBIOSの設定が違ってて…。フラッシュの性能を引き出すには省電力モードを解除しないとダメ。このへんについてはちゃんとマニュアルに書いてある。そんな記事。



BIOSを調査

MySQLのコンフィグやらOSの設定を調査してもまったく一緒で、CPUやらメモリやらNICやらioDriveのドライバやらコンフィグを調べても一緒。で、BIOSを調査。DELLのサーバは下記のコマンドでBIOSの設定を調べられる。

omreport chassis biossetup

このコマンドでバーンとBIOSの設定を取得できる。このomreportってユーティリティはsrvadmin-xxxxってパッケージに入っている(srvadmin-omacoreとか)。DELLさんのサイトを漁ってください。
下記の画像は結果の一部のスクリーンショット。左ペインが調子悪い方のサーバで、右ペインが調子良い方のサーバ。フラッシュを使うときは右ペインのように省電力関連は無効にしてパフォーマンスを引き出すようにしておくのが正解です。

dell_01

BIOSの設定をリモートから変更

データセンターに行きたくない人や現地作業員への手順を作るのがめんどくさい人、つまり俺得なTipsですが、BIOSの設定はリモートから変えることができる。下記コマンドでSystem ProfileをPerformanceモードにできる。結果、CPU Power ManagementもMaximum performanceになり、C statesなど省電力関連のものも無効になる。

omconfig chassis biossetup attribute=SysProfile setting=PerfOptimized

で、マシンを再起動して完了。

まとめ
  • MySQLやらOSのコンフィグだけじゃなくてBIOSも疑う
  • 気をつける
おしまし

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.