最近モチベがあがらん。まあ酒飲めばどうでもよくなってしまうんだけど。温泉入りたい。
sensu-server、sensu-api、sensu-dashboard、redis、rabbitmqのプロセスが入ってるdockerイメージ作ったのでそれについて。これでsensuサーバの構築がdocker pull, docker runの2コマンドだけでできる。



作った

githubとdocker indexに置いた。

docker入れてるマシンから↓みたいな感じで、docker indexからdocker pullで持ってきてdocker runでバーンとやれば一撃でsensu-serverが完成する。

1
2
docker pull hiroakis/docker-sensu-server
docker run -d -p 10022:22 -p 8080:8080 -p 4567:4567 -p 5671:5671 -p 15672:15672 hiroakis/docker-sensu-server

docker pullが遅いときがあるのがちょっとアレだが、chefとかで構築するよりは遥かに楽なハズ。
ああ、そうだ、redisのディレクトリとsensuのコンフィグくらいはホスト側に共有して永続化しといた方がいいな。それと、dockerのお作法とか手探りなので、pull requestお待ちしております。

Tips

CentOS 6.4, 6.5, Amazon Linuxへのdockerのインストール

1
2
yum install -y docker-io --enablerepo=epel
service docker start

これでdockerコマンドが使えるようになる。

OS X 10.9.3へのdockerのインストール

boot2dockerを使うのがいいかな、と。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
# Virtual Box入れる
brew tap phinze/homebrew-cask
brew install brew-cask
brew cask install virtualbox

# boot2dockerとdocker入れる

brew tap homebrew/binary
brew install docker boot2docker
echo "export DOCKER_HOST=tcp://localhost:4243" >> ~/.zshrc

# boot2dockerのイメージ取ってくる

boot2docker init

# ポートフォワーディング

VBoxManage modifyvm "boot2docker-vm" --natpf1 "sensu-ssh,tcp,,10022,,10022"
VBoxManage modifyvm "boot2docker-vm" --natpf1 "sensu-dashboard,tcp,,8080,,8080"
VBoxManage modifyvm "boot2docker-vm" --natpf1 "sensu-api,tcp,,4567,,4567"
VBoxManage modifyvm "boot2docker-vm" --natpf1 "rabbitmq,tcp,,5671,,5671"
VBoxManage modifyvm "boot2docker-vm" --natpf1 "rabbitmq-gui,tcp,,15672,,15672"

# 起動

boot2docker up

boot2docker upでVirutual Boxおよびその上のdocker用のインスタンス(boot2docker-vm)を起動させて、dockerコマンドが使えるようになる。

おわり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.